鬱になる前に

看護師の仕事というのは、常に人と接する仕事です。当然患者さんは人間ですから色々な人がいます。場合によっては理不尽な要求を当然のように口にし、断ると激昂するような人もいるでしょう。また、感情の浮き沈みが分かりにくく、そんなつもりは無いのに怒らせてしまったり、傷つけてしまったりしてしまうことがあるかもしれません。
また、先輩や同期の看護師も人間です。色々な考えを持って仕事をしていますから、あなたの仕事の仕方に対して不満を持っているかもしれませんし、あなたが他の誰かの仕事の仕方や振る舞いに対して不満を持つことも十分考えられます。
さらに、一緒に働くのは同じ看護師だけではありません。医師やソーシャルワーカー、保健師などとも一緒に仕事をする機会があるでしょうが、この人たちとの関係に疲れてしまうということもありえます。実際に働いてみると、以前に考えていたほど看護師の仕事はキラキラ輝いているものではないと実感することもあるでしょう。場合によっては汚物に触れることもありますし、感染症にかかる危険性の高い場合も多々あります。やってくる患者さんの姿が、あなたの知っている人間とは明らかに違った形に見えるほどにひどい損傷を負っている患者さんを見かけることもあるでしょう。
加えて労働環境です。不定期な勤務体制やそれまで考えたことも無かったものに対する知識や技術が必要になることもあるはずです。このように、看護師の仕事は常に強いストレスにさらされながら、常に頭と体を使い続けなければならない仕事なのです。こうしたことから憂鬱になってしまう人は少なくありません。中には常に不機嫌な人もいます。こうした人は仕事に倦み疲れて憂鬱になってしまっているのです。憂鬱な状況が長く続いて良いことがあるわけがありません。常に何らかの不満を抱え、不機嫌なまま仕事をしていては職場の雰囲気が悪くなってしまいます。
また、憂鬱が積もり積もって鬱になってしまうことも考えられます。こうなってしまう前に、何とかして憂鬱な状態から脱却することを考えなければ、せっかくがんばって取得した資格、必死でもぎとった仕事を無駄にしてしまいます。まずは憂鬱がどこから来るのかを考え、それに対してどのように対処すれば良いのか。状況が変わればどのように変わるのかを知っておきましょう。自分なりのリフレッシュ法を見つけること大切です。どこかで自分にとってのターニングポイントを見つけて、良い看護を提供できる看護師になることを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です